リッドキララの最安値を見逃さないで!!

リッドキララ デカ目訴求


リッドキララの正しい使い方で周りのみんなをアッ!と言わせよう!!

 

 

やっと子育てが終わり、自分の時間が持てる様になったと思って、
久しぶりに鏡を見た時のあのショック・・・・

 

 

周りの人からも、『若い頃は痩せてて可愛かったのに、久しぶりに見たら年取ったね』
な〜んて声をかけられて顔では笑って お腹の中では イラッ!! となった経験は
ありませんか?

 

よし!これからは自分磨きの時間も出来たし、若返ってビックリさせてやろうと購入したのがリッドキララ。
たるんだまぶたにハリを戻してくれる まぶた用スキンケア。

 

でもリッドキララの使い方が分からない・・・

 

 

 

リッドキララの正しい使い方とは・・・

 

いくら効果のあるスキンケアでも、使い方を間違ってしまったら効果も半減してしまいますよね。
そこで、リッドキララの効果的な使い方を説明していきます。

 

 

 

◇リッドキララの使い方
◎朝・夕の1日2回、毎日使います。
1プッシュを、左右両方の上まぶたに分けて使用します。

 

@・洗顔後、化粧水・乳液・美容液・クリームなどで肌を整えます。
*オールインワンタイプの化粧品はリッドキララの前に使います。

 

A・リッドキララ 1プッシュをての甲にとり、ジェルの半分を片方の上まぶたに4点乗せます。
*目頭や目尻のギリギリまで使用すると、ジェルが目に入りやすくなります。
意図せずジェルが目に入らないよう気を付けて下さい。

 

B・目頭からこめかみ、目尻の横からこめかみまで、目元を引き上げるようにやさしくジェルを伸ばします。

 

C・ジェルの浸透を高める為、片方の手で上まぶたを引き上げながら、もう片方の手で
5〜10秒程度優しくおさえます。

 

D・上まぶたを片方の手で引き上げたまま、塗布部分を指でトントンと優しく触れる様にしてなじませます。
続けて、もう片方の上まぶたも同様にケアします。

 

☆リッドキララは濃密なジェル状のテクスチャーです。
塗った後、べた付きがなくなるまで、しっかりとなじませ、美容成分を浸透させて下さい。

 

☆目の周りは柔らかい眼窩脂肪(がんかしぼう)という脂肪で覆われています。
それをまぶたが支えているのですが、まぶたの皮膚はとても薄く、皮脂腺も少ないので乾燥しやすいと言われています。

 

また目の周りには毛細血管が集中しているため、血行不良が起こりやすい事から、くすみという肌トラブルに悩む人も多いようです。

 

◎この様に、まぶたはとても薄い皮膚で出来ていますので、優しく扱わなければ、さらに肌トラブルを起こしてしまいます。
洗顔でさえ、ゴシゴシこすると、それが外的刺激になって、色んな肌トラブルの原因になります。

 

そんな顔の中でも一番皮膚が薄いまぶたなのですから、顔よりも丁寧に扱わなければいけません。

 

キッチリしたアイメイクをした時は、クレンジングで落とす際もやさしく落とし、洗顔も泡で包み込むようにして洗うように気を付けて、リッドキララがより効果的になるように、自分で出来る基本のケアをしっかりしていきましょうね♪