エリオット波動 為替チャート 最前線

テクニカルチャート

エリオット波動

エリオット波動は、相場には一定のリズムで動く傾向があるという理論によって行う分析方法です。相場のリズムを把握する事で、早くから先の相場の予測を立てることができるとされており、波動のパターンと、相互の比率、また波動がおこるまでの時間から一定のパターンを分析しています。

エリオット波動の基本の動きは、全部で8つの波から出来ており、5つの上波と3つの下降波に細かく分類されています。それぞれの波には特徴があり、相場を8つの波にあてはめて、それぞれの波の特徴から、買いや売りのタイミングを分析します。

実際には、相場は非常に複雑な動きをしているので、ぴったり基本とされる8つの波には当てはまりませんが、大体の特徴で合わせる事で、相場はエリオット波動にあてはめて考える事ができます。

エリオット波動はトレンドともオシレーターとも異なり、その他の分析よりも早くから相場の動きを予測できるので、先手を打って行動できる事が魅力とされています。ただ、エリオット波動は分析する人の主観が強く反映されるので、同じ波形でも人によって分析結果に違いが生じやすいとされています。

また、5つの上波の中でも早めに1波に気付いて、ポジションが持てればいいのですが、2波以降から徐々に一般投資家も買い始めて行くので、先手がうてるようになるまで、訓練や経験が要求される分析方法です。

ただ、黄金比と言われるフィボナッチ数列の要素もエリオット波動は含んでおり、パターンにはまると、エリオット波動の通りに相場が動くとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved