MACD 為替チャート 最前線

テクニカルチャート

MACD

MACDは、2本の移動平均線で通常の移動平均線での分析よりも、複雑で難しそうに感じますが、トレンド系とオシレーター系のテクニカルチャートの結果を把握できる事が特徴です。この為、分析結果に高い信頼性があるとされています。

MACDで使用する移動平均線は、2つの期間から求めた移動平均線になるので、通常の移動平均線とは事なります。この2つの期間は一般的に、12日と26日とされており、12日よりも期間が短いとダマシが多くなったり、26日よりも期間が長いと動きが鈍くなって信頼性に欠けるとされている為です。実際に、MACDを使う中で、自分で最適と思われる期間を割り出していくのがいいでしょう。

MACDが0ラインよりも上の場合は上昇相場で、下の場合は下降相場であるとされ、MACDが下から上にMACDシグナルとクロスする状態をゴールデンクロスといい、最も買いに適したタイミングとされています。逆に、MACDが上から下にMACDシグナルとクロスする場合はデッドクロスといい最も売りに適した状態であるとされています。

MACDはトレンド系とオシレーター系を合わせたテクニカルチャートと言われており、どちらの分析結果も把握できるのが魅力です。 MACDでゴールデンクロスとデッドクロスのタイミングをはかって取引を行えば、確実に利益を上げて行く事が可能です。ただし、MACDは長期的な取引には向いておらず、短期から中期の取引で利用するのがいいとされています。

また、ゴールデンクロスとデッドクロス以外のタイミングでの分析は出来ないので、MACD だけに頼らず、他のテクニカルチャートと併用して使用しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved