ボリジャーバンド 為替チャート 最前線

テクニカルチャート

ボリジャーバンド

ボリジャーバンドは、移動平均線と上下にある標準偏差バンド変動幅を考慮したテクニカルチャートで、初心者でも非常に見やすいとされています。ボリジャーバンドは、移動平均から為替相場のばらつきから、現在の相場が売れすぎなのか買われ過ぎなのかを判断する事ができます。

一般的に、ボリジャーバンドで移動平均線-2σを越えたり+2σを超える可能性は全体の5%といわれており、ほとんどの相場の動きは-2σと+2σの範囲内で生じる事がわっています。ボリジャーバンドは、基本的に順張りですが、上のラインを突き抜けた場合や下のラインを突き抜けた場合は逆張りを狙っていきます。

ボリンジャーバンドは、安定した為替相場が望ましいとされており、トレンドよりはオシレーター系を重視した方がいいとされています。ボリンジャーバンドで、±2σに為替相場が向かっている場合は、ポジションをキープするか 売りに出すかを早々に判断する必要があります。

基本的に±2σを為替レートが突き抜けた場合は、その反対の動きが強く起こるとされています。世界的な事件が起きて相場が大暴落た高騰している訳ではない場合は、±2のボリジャーバンドを超えた場合は、+2σの場合は売り、マイナス+2σの場合は買いの絶好のタイミングであると言えます。

ただ、ボリジャーバンドは売買タイミングを分析するのではなく、相場の動きが正常かどうかを分析する方法なので、 ±2σとなると絶好の売買タイミングであると言えますが、 5%しか起こらないタイミングを待つよりは、他のテクニカルチャートで売買のタイミングは測った方がいいでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved