テクニカルチャートの種類 為替チャート 最前線

テクニカルチャート

テクニカルチャートの種類

テクニカルチャートには様々な方法があり、基本的には色々な方法を組み合わせて分析を行います。テクニカルチャートの種類は、大きく分けて相場のトレンドを重要視したトレンド系と、相場のふり幅の一定範囲で分析を行うオシレーター系の2つに大きくわける事ができます。

トレンド系のテクニカルチャートには、最も多く利用される指標として移動平均線やローソク足があります。この他、トレンドラインを引いたり、パラボリックやエンベロープを利用した方法もありますが、トレンド系では移動平均線やローソク足を基本とした、相場の状態が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを分析します。

為替取引において、トレンドの把握は非常に重要で、トレンドの流れに沿って取引を行う事が出来れば、収益を上げて行く事が出来ます。上昇トレンドがいつまで続くのか、今後の展開を分析から予測し、ポジションを持つ事が重要になります。

対するオシレーター系のテクニカルチャートには、RSIのような一定範囲の相場の強弱で売買のタイミングを計る方法を言います。RSIのほかに、RCIやMACDといった方法もあり、相場が売り(強)に向かうのか、買い(弱)に向かうのかを分析しています。

テクニカルチャートでは、トレンド系とオシレーター系で、どちらの分析方法の方がすぐれているという事はなく、状況に応じて使い分けて行くことが求められます。偏った分析とならない為にも、トレンド系とオシレーター系の両面から分析していくようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved