ボリンジャーバンド 為替チャート 最前線

為替チャートの見方

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、為替チャートを分析する指標の一つで、分析方法としては最近確立された方法ですが、現在では多くの投資家が為替チャートの分析に使用している方法です。ボリンジャーバンドは移動平均線と標準偏差によって、為替の値動きの勢いを示したり、上昇傾向から下降する時などを判断する際に利用されます。

ボリンジャーバンドの見方は、移動平均線を中心線に標準偏差であるσを算出し、1から3倍で加算した+σ、+2σ、+3σ、また減算した-σ、-2σ、-3σによって株価の予測を行います。

株価の値動きが大きい場合は、ボリンジャーバンドの幅が大きくなり、値動きが少ない場合には、ボリンジャーバンドの幅も狭くなります。基本的には、σが+の状態では売りの状態で、-の時は買いの状態であるとされています。σが大きくなる程信頼度は大きくなるので、+3σや-3σの状態である場合は、確実に売りや買いを行っていくようにしましょう。

ボリンジャーバンドの特徴として、通常はボリンジャーバンドの幅を超えないという特徴があります。この為、ボリンジャーバンドを大幅に超える場合は、買われ過ぎや売られ過ぎの状態が発生しており、為替値の大幅な動きが起こると予測されます。

ただボリンジャーバンドは、バンドを越えて外側になることがほとんどないので、日常的に為替取引を行う場合には、あまり活用の機会がないとされています。ボリンジャーバンドだけに頼るのではんく、他のチャートの指標と併用して、取引判断の基準のひとつとしておく方がいいでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved