RSI 為替チャート 最前線

為替チャートの見方

RSI

RSIとは相対力指数の事で、全体的に相場が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかを相対的に判断する事ができます。RSIでは、相場が上昇や下降など一方行に傾いている時は、買いのチャンスであるとしています。

RSIは0から100までで数値化されており、RSIが20~30以下の場合は買いのチャンス、RSIが70~80以上の場合は売りのチャンスとしています。RSIは損切りや逆はりを行う際に利用される事が多いとされています。

株価が高騰した際や下落するような、強い傾向のある相場では、あまり役に立たないとされています。強い傾向を示している相場では、RSIは0や100といった数値になってしまい、チャート分析では役に立たなくなってしまいます。

この為、RSIの数値を利用するには、相場が保ちあいなっているような緩やかな相場状態のときで、トレンドの傾向が強く出ている相場では、指標とはなりません。RSIだけをチャートの判断材料にするのではなく、その他の指標と合わせて利用するのがいいとされています。

RSIもほとんどのFX会社の取引ツールで無料で利用できますが、銘柄ごとに最適化を行うのを忘れないようにしましょう。RSIが各銘柄で最適化されていないと、売買のタイミングがずれてしまい、せっかくRSIを利用してもベストの状態で取引がおこなえません。

RSIの算出期間は、7日から50日などで設定して行えますが、長期間で算出した方がダマシが少なく、一般には14~20日程度の期間が最も最適とされています。期間が短いとダマシは多くなりますが、細かく転換点が見れるので、1日に積極的な取引を行う場合は、短期間でRSIを算出した方がいいでしょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved