移動平均線 為替チャート 最前線

為替チャートの見方

移動平均線

為替チャートを見る上で、基本となるのが移動平均線です。移動平均線はある期間内のレートの平均値を表したもので、チャート分析を行う上で基本となる指標になります。移動平均線の方向性はトレンドの方向性という事ができます。

移動平均線には、5日間の移動平均を示した短期移動平均線と、20~25日間の移動値を示した長期移動平均線があります。日数の設定は、特に決まっている訳ではないので、75日で平均線を示す場合や、200日といった長い期間で移動平均線を表す場合もあります。

移動平均線は、短期移動平均線と長期移動平均線の動きの組み合わせで、今後のトレンドの方向性や売買する時期を見定めます。移動平均線で売買の最適な時を判断するには、短期移動平均線と長期移動平均線が交差する交点部分を見つける必要があります。

短期移動平均線と長期移動平均線が交わる際に、どちらが上であるか重要です。短期移動平均線が下から長期移動平均線が上から交わっている場合は、為替を購入するタイミングでありゴールデンクロスと言います。逆に、短期移動平均線が上から長期移動平均線が下から交わる意場合は、持っている為替を売る時期を示しておりデッドクロスと言います。

移動平均線の期間は、長く設定するほど誤差が大きく、短い期間で設定すると実際の為替の動きに近くなります。ただ、為替チャートは絶対という事はないので、短い期間で分析するとダマシも多く、予想通りには為替が動かない事も多いとされます。

この為、1パターンで移動平均線は分析するのではなく、短期間と長期間で合わせて分析をするようにした方がいいとされています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved