ローソク足 為替チャート 最前線

為替チャートの見方

ローソク足

為替チャートでは、ローソク足から今後の為替の変動を予測する事が良くあります。ローソク足とは、株価の動きを瞬時に判断する事のできるもので、始値と終値、高値と安値をローソクの形で示しています。

ローソクの形には、白いローソクの場合と黒いローソクの場合、またローソク部分がなくてひげ部分だけの場合と、片側しかひもが出ていない状態があります。ローソクの上と下から紐が出てり、白いローソクの場合は陽線と言います。

陽線の場合は、上のひもの部分が高値を表し、ローソクの上側を終値、下から出ている紐を安値、ローソクの下側部分を始値を表しています。終値が始値よりも高い部分にある場合は、ローソクは白になります。

逆に、始値よりも終値が高かった場合は、ローソク部分を黒くします。このように、終値と始値をローソクで表しているので、終値と始値が同じであった場合は、ローソク部分はなくひも部分のみになります。また高値や安値と終値や始値が同じであった場合は、ひも部分はなくローソク部分で表す事になります。

ローソク足には、色々な組み合わせがあり、2本で組み合わせたり、3本以上で組み合わせたりして、為替チャートを分析していく必要があります。1つのローソクだけでは、為替の動きを分析する事が出来ないのです。

ラインチャートだけでは、その時の為替の相場はわかっても、どのような傾向にある時に最も高値になるのか、逆に安値になるのかがわかりません。ローソク分析から傾向を読み解き、為替の値動きの原因を分析することが、今後の投資に活きてきます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved