外国為替取引のデメリット 為替チャート 最前線

為替取引の基礎知識

外国為替取引のデメリット

外国為替取引は、少ない資金から投資を始める事が出来たり、実際に持っている資金以上の大金を持っていると想定して取引する事で、大きな利益を出すといった多くの魅力があります。

しかし、外国為替取引はハイリターンである分、ハイリスクである事も知られており、メリットばかえりを考えていると、思わぬ損失が発生して資産を失う事になります。外国為替取引を行う際には、メリットだけでなくデメリットにも目を向けて取引していく事が求められます。

外国為替取引のメリットであり魅力でもある、高いレバレッジをかけた取引は、大きな利益になる可能性があると同時に、大きな損失となる危険性もあるのです。レバレッジを数十倍でかけて取引した場合、少しの損失が数十倍になって返ってくるので、一瞬で預けた証拠金が無くなってしまう事もあります。

証拠金以上の損失が出て破産する事がないように、外国為替取引では一定の損失が出ると証拠金が損切りになってしまい、取引が出来なくなってしまいます。少ないレバレッジであれば、数回の損失には耐える事が出来ても、高いレバレッジの場合は一瞬で全て失われてしまう危険があるのです。

現在は、レバレッジの最大数が決まっていますが、以前は400倍などのレバレッジをかけて取引する事もでき、大きな利益を出す人もいれば、全財産を失った人もいます。高いレバレッジは魅力がありますが、自分の状況を考えて、あまりにも不相応な資金を扱える程のレバレッジでの取引はしないようにしましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved