スワップ金利 為替チャート 最前線

為替取引の基礎知識

スワップ金利

スワップ金利は、取引をする2国間の通貨における金利差の事です。日本は歴史的な不況の影響で、世界的にも金利が低いことが知られており、銀行に貯金をしていて金利はほとんどついていません。この為、外貨貯金で資産を増やそうと考える人も多く、海外のほとんどの国は日本よりも高金利なので、外貨で貯金した方が資産は増やす事ができるとされています。

このように、2国間には相場以外に金利差もあり、外国為替証拠金取引では積極的に売買を行うのではなく、スワップ金利による金利差で収益を得る事も可能です。

初心者の中にはスワップ金利をスプレッドと混同してしまう人も多く、理解しないまま取引を行っている人もいますが、円の金利が1%でドルは10%の場合、円でドルを購入すると差額の9%分の金利を受け取る事ができるようになります。逆に、金利の高いドルで円を購入すると、差額の9%を支払わなくてはなりません。

このように、外国為替証拠金取引ではスワップ金利を考慮が重要で、スワップ金利は幅が大きいものを取引するようにした方が、お得になります。スプレッドと混同していると、差が少ない方がいいと勘違いしてしまい、損する事になってしまいますので注意しましょう。

また、外国為替証拠金取引の魅力は、自国の円を使用せずに、他国の通貨同士で取引ができる事です。スワップ金利は自分がいま扱っている通貨が金利の高い物か、低いものであるかきちんと認識して取り扱わないと、大きく損する事になるので注意しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved