レバレッジ 為替チャート 最前線

為替取引の基礎知識

レバレッジ

外国為替取引を行う場合は、レバレッジをかけて取引を行う事になります。レバレッジはてこの原理に起因する取引方法で、レバレッジを高く設定する事も、低く設定する事も出来ます。レバレッジを高くかけて取引をおこなうと、預けた証拠金以上の金額で取引を行うことが出来るようになります。

しかし、きちんとレバレッジを理解しないと、大損失は出してしまう事もあります。レバレッジは為替チャートには影響しませんが、しっかり理解して大きな損失を出さないようにする事が大切です。

株式と違って少ない元金で大きな利益を出す事が出来るのは、証拠金を預けてレバレッジを高くかけて取引することで、何百倍にも利益を増やす事が可能になります。ただ、現在日本では、レバレッジをかける上限が設定されており、個人投資家の場合は25倍のレバレッジが最大になっています。

外国為替取引がレバレッジをかけた分、収益の倍率も高くなりますが、リスクも同じように倍になるので、僅かな損失でも大きな損失になる事があるので、注意しましょう。

外国為替取引を初めてやる人の場合は、いきなり高額のレバレッジをかけるのではなく、2倍くらいからかけるようにして、リスクの低い状態で取引を行うようにしましょう。

レバレッジを最大にして取引を行うと、損失が少しでも出てしまうと、すぐに預けた証拠金が無くなってしまいます。また、FX会社が損を受けないように、強制的に口座を占められてしまう事もあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 為替チャート 最前線 All Rights Reserved